賢く稼ぎたい方必見!期間工の比較サイト

Home > 期間工について > 期間工にはどんな特徴があるのか

期間工にはどんな特徴があるのか

 期間工は、自動車や電子部品の工場などで働く契約社員であり、他にも期間従業員や臨時従業員などという呼ばれ方をされる場合もあります。昔は、冬場に仕事がない農村などの出稼ぎとして利用されたことから季節工とも呼ばれていたことがあります。そして契約社員というのは、勤務先の企業に直接雇用されるという点は正社員と同じですが、働ける期間が最長で35ヵ月までと決まっています。これは、35ヵ月を超えて雇用する場合は正社員に採用しなければならないという決まりがあるためです。それと、よく似た雇用形態に派遣社員と呼ばれるものがありますが、こちらは派遣会社と雇用契約を結んだ上で、企業に派遣されるという形態になります。ですので、期間工のような企業と直接契約を結ぶ契約社員の方が、中間マージンを取られない分、待遇が良いケースが多いと言われています。

 期間工は給料が高いということも大きな特徴となっており、短期間にお金を稼ぎたいという人に人気があります。実際の年収は350万円~450万円程度が相場だと言われており、残業の多さなどによってその金額は変わってきます。一般的な職場では残業は敬遠される傾向にあると言えますが、期間工の場合はお金をより多く稼ぐことを目的にしている人が多いため、むしろ残業が歓迎されるという特徴があると言えるでしょう。それに期間工の場合は、無料または低額で利用できる寮が完備されているケースがほとんどであり、しかも水道光熱費も無料だったり、食費が補助されるところも少なくありません。ですので生活費がほどんどかからないため、他に無駄遣いをしなければ、年間で200万円程度の貯金をすることも可能だと言われています。

 その他の特徴としては、学歴が不問で、未経験でも採用されるケースが多いということが挙げられます。学歴に関しては、義務教育を修了していればOKですし、まだ一度も社会人として働いた経験がない場合でも採用されるケースがあります。そして実際の勤務に関しては、24時間稼働している工場の場合であれば、昼夜2交代などのシフトが組まれることになると言えるでしょう。昼夜2交代の場合であれば、今週は昼間勤務で来週は夜間勤務といったように、週ごとに交代になるのが一般的です。なので、昼と夜が週ごとに入れ替わるため、その生活リズムに慣れるまでが大変になるということが言えます。そして、工場では流れ作業に従事することが多く、長時間同じ姿勢や作業をしなければならないため、腰痛等に気を付ける必要があるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP