賢く稼ぎたい方必見!期間工の比較サイト

Home > 期間工について > 期間工にはどんなメリットやデメリットがあるのか

期間工にはどんなメリットやデメリットがあるのか

 期間工は、大手企業の工場などで一定期間働く契約社員のことを指しますが、メリットも沢山あります。一番に挙げられるメリットは、給料や金銭に関するメリットであり、このことを目的に応募する人が多いと言えるでしょう。まず給料に関しては、年収にすると300万円以上が相場であり、高いケースでは450万円以上稼ぐ場合もあると言われています。学歴や技術などの有無に関係ない仕事で、これだけの給料が貰える仕事は他にはあまりないと言えるでしょう。そして期間工の場合は、寮に住むことができますし、その際の寮費や水道光熱費が無料のケースも多いため、その分の費用も節約することができるというメリットがあります。なので、生活費があまりかからずに済むため、年間で100万円や200万円といった金額を貯めることも可能でしょう。

 給料や金銭以外のメリットとしては、まず、誰でも採用してもらえるということが挙げられます。もちろん健康であることや18歳以上であることが前提になりますが、学歴や経験が問われることはないため、ほぼ誰でも採用されると言えるでしょう。そして期間工は、正社員などと同じように有給休暇を使うことができます。有給休暇は6ヵ月以上勤務すると取ることが可能なため、給料の心配をすることなく、レジャーなどを楽しむことができるでしょう。また、福利厚生に関しても正社員と同じ扱いになるため、スポーツ施設や保養施設などの福利厚生施設を利用することができます。さらに職場内での人間関係や上下関係に関しても、それほど濃密ではなく、適度な距離感で付き合うことができるという点も期間工のメリットだと言えるでしょう。

 一方で期間工のデメリットとしては、肉体的に辛い場合があるということが挙げられます。工場の仕事では長時間同じ姿勢や作業を続けることが多いので、腰痛などの肉体的な不調が起こる場合があるため、日頃のケアが必要になるでしょう。そして工場は24時間稼働している場合が多いため、それに合わせて夜勤シフトが週替わりで組まれる場合があります。ですので、慣れるまでは生活のリズムが上手くつかめなくて辛いということもあると言えます。さらに、工場の勤務は男性の方が多いため、女性との出会いが少ないというデメリットもあると言えるでしょう。ただし、精密機械を扱う工場の場合は女性が多いと言われています。また働く期間に関しては、最長で35ヵ月までと決まっているため、その後のことも事前によく考えておくことが必要でしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP