賢く稼ぎたい方必見!期間工の比較サイト

Home > 期間工について > 期間工という働き方で生活をする

期間工という働き方で生活をする

 期間工は、契約社員と同じ有期契約のある社員の事を指します。ただ、契約社員ではありますが、正社員と準ずる待遇があります。給料は自給換算でこの点はアルバイトと同じですが、雇用保険や社会保険が整備されていますので、万が一の怪我や年金などの税金面の問題も心配ありません。さらに、深夜手当や交通費などの手当てもありますので、実際の所は働いてみれば正社員と同じです。そのため、契約社員なのに正社員並みの待遇で手当等を含めた場合に給料が良いですので、地方都市の若者が地元で仕事を探していた時に、見つからなかった場合や見つかっても待遇が自分の条件に見合わなかった場合に、この期間工に応募して働くというケースがあります。地方都市から現地に赴任する場合の交通費は企業側が全額負担し、住居面も企業側が用意していますので心配なく業務開始できるのも魅力の一つです。

 では、何故企業側が期間工を雇っているかといいますと、単純に言えば人員整理しやすいからです。製造工場には、製造の波があり製造ラインをフル稼働している時もあれば閑散としている時もあります。フル稼働の時に人員が足りなく、逆に閑散としている時は人員が余っている。これが企業側の悩みの種でした。正社員であれば人件費はかさむだけでなんとかしようと考えて出た答えが、期間工を雇うという事です。期間工は、契約社員ですので製造ラインが忙しい時期のみ契約すれば、フル稼働でも人員が確保できていますので問題なく業務することができます。逆に閑散としている時は期間工を雇いませんので、余剰人員は出てきません。働く側も、契約期間が決まっている事を逆手に取り、農閑期で収入の見込みがない専業農業従事者や短期間で貯金したいと考えている人には好都合です。

 では、実際の仕事内容と言いますと、製造ラインでの組み立て作業がメインとなります。期間工に任される作業はこれが多いです。組み立てと言いましても、特別な技術がいるような仕事ではなく、至って簡単かつ単調な仕事を任されます。つまり、作業自体は同じことの繰り返しですので、立ち仕事である以外で考えてみれば、仕事のコツさえつかむことができれば誰でも作業することができます。また、中には正社員登用制度を導入している企業もありますので、働き方次第ではその企業に正社員として改めて雇用形態を結ぶことができます。結局のところは、仕事探しでどうしても見つからない場合は、つなぎで働いてみて正社員を目指してみるというのも手です。このように、作業自体が単調で給料もそこそこ良いですので、今注目されている働き方が期間工です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP