賢く稼ぎたい方必見!期間工の比較サイト

Home > 期間工について > 期間工で働くにあたって考えること

期間工で働くにあたって考えること

 このご時世、まだまだ不況であり就職先も多いとは言えない実情です。正社員を雇うよりは、派遣社員や契約社員として雇ったほうが人件費が安く済むという事で、雇用形態にも変化が出てきています。求人媒体に多く募集が掲載されている期間工ですが、これも契約社員の一つです。主に、自動車製造工場や電子部品製造工場などの、ものつくりに携わっている工場が主な勤務先です。工場は製造が多いときと少ないときがあります。製造ラインがフル稼働の時は人員が足りなくて困り、逆に製造ラインが換算している時は、人員が多すぎて困るという点が企業側の大きな悩みの種です。そこで、期間工という契約社員を雇いうまい具合に人員調整しています。製造ラインが忙しいときだけ雇用すれば、人件費が高騰することはありません。

 このように考えてみれば、期間工は企業側にだけしかメリットがないように思えますが、雇用される側にもメリットがあります。期間工は、文字通り契約社員ですので有期契約の社員です。つまり、自分が働きたい期間だけ働くことができて、アルバイトとは違い社会保険が完備されていますので、正社員と準ずる待遇で決まった期間だけ働きたい人向けのものです。農閑期で収入が見込めない専業農業従事者が、つなぎの収入を得るために出稼ぎとして働きに来ていたり、この期間だけ働いて貯金をして契約満了後は何処かに旅行に行きたいと考えている若者などが多く働いています。入社までのバックアップ体制も万全であり、就労先までの交通費は企業側が全額負担してくれますし、住環境も整えてくれますので不安なく業務開始できるというのが、働く側のメリットです。

 そして、期間工が任される仕事自体も特別に難しい作業はありません。たいていは、製造ラインでの組み立て作業が多いです。自分が任された工程だけ作業していきますが、この作業自体が至って単調であり同じことの繰り返しの作業です。立ち仕事で長時間立っている点を除けば、コツさえつかむことができてしまえば誰でもできる仕事です。勤務時間も工場によってバラバラですが、24時間365日フル稼働の工場の場合は、二交代制か三交代制であり、深夜勤務が必ずどこかであります。この場合は深夜手当がつきますので、手当分を加味すると月々の給料が高くなります。作業自体が単調で、そこそこ給料が高い。それが理由なのか、地方都市の若者からしてみますと、地元で仕事を探すよりは期間工で稼ぎたいと考えている人が多いのが現状です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP