賢く稼ぎたい方必見!期間工の比較サイト

Home > 期間工について > そもそも期間工とはどんな働き方か

そもそも期間工とはどんな働き方か

 期間工は、契約社員と同じ有期契約のある雇用形態で働いている人のことを指します。たいていは、無期契約の正社員として働いている人が多い中、珍しいと思っている人が多いかもしれません。有期契約であるという事は、初めから契約期間が決まっていますので、正社員登用か契約更新がない限り、同じところで働くことができません。では、どのような人が働いているかといいますと、農閑期で農業での収入が見込めない専業農業従事者が出稼ぎで収入を得ているパターンと、短期間でがっちりと稼ぎたいと考えている若者が多いです。つまり、自分が働きたい期間だけ働けるというメリットがある雇用形態です。企業側も正社員を多く抱えるよりかは、人員整理しやすいというメリットがあり、働く側も雇用する側にもメリットがあります。

 では、この期間工はどのような所で働くかといいますと、大抵は製造工場での勤務となります。製造工場と聞きますと特別なスキルが必要かと思われてしまいますが、実際の所は特別な技術がなくても働けるという点があります。製造講じようといいましても、大抵は自動車製造や電子製品製造工場での製造ラインでの組み立て作業です。この組み立て作業が、立ち仕事ではありますが、同じことの繰り返しの作業が延々と続き、この組み立て作業も至って単調ですので、仕事にさえ慣れてしまえば比較的楽な仕事になります。それゆえ、老若男女問わず応募してくる人が多いのも納得できます。ただ、勤務時間が工場によってまちまちであり、24時間365日フル稼働の工場であれば、シフト勤務になり、朝から勤務の時があれば夕方から勤務、果ては深夜勤務があり、二交代か三交代勤務が大半です。

 多くの就職サイトで頻繁に目にかかる、期間工の求人広告。大抵の企業は、現地までの交通費全額負担であったり、住居面でのサポートをしているところが大半です。それに付け加えて、入社祝い金を支給している企業もあります。ただ、期間工と言いましても、自分に合っていなければ長続きしないです。期間工の比較サイトで、何処の工場で働くか考えているときは、ここの工場であれば、契約満了まで働いて行けると思うところで働くのがベストです。因みに期間工は、工場自体が直接求人募集をかけているところもあれば、派遣会社が求人募集をかけているところもあります。直接応募の工場であれば、場合によっては正社員登用の場合もありますので、いずれにしても仕事探しをしている人には、つなぎで働いていると考えている人もいます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP